パントリーのある家の間取り作成のコツ

家づくり2022.07.22

提携住宅会社50社以上!
姫路市・たつの市・高砂市エリア で、
マイホーム・住宅会社探しを徹底サポートする、いえとち相談窓口です!

注文住宅のカタログでパントリーのある家が紹介されることが増えました。
夫婦共働きの増加により、食材や調味料をまとめ買いする家族が増えている影響もあるでしょう。

家づくりでパントリーを採用すると家事が効率化できますが注意点もあります。
この記事では、パントリーのメリット・デメリットについて詳しく解説します。
新築注文住宅を建てる予定の方は、この記事を参考にしてください。

パントリーとは

パントリーとは、常温で保管できる食品や調味料、非常食などを保存しておく収納部屋です。
共働き夫婦の増加など生活スタイルの変化や、
災害対策のために保存食を常備する家庭が増えたことによりパントリーが注目されています。

冷蔵食品は冷蔵庫常温保存の食品はパントリーへ収納するため、
冷蔵庫とパントリーの位置関係が極めて重要です。
そのため、パントリーを採用したい方は、
住宅設計を得意とする建築士に相談することをおすすめします。

パントリーのメリット

パントリーを設置するメリットは以下の通りです。

食品をストックできる

パントリーには、食品や調味料をストックできます。
パントリーは、仕事や家事で日々慌ただしく食品をまとめ買いしたい家庭にピッタリです。
また、災害対策として非常食を常備するご家庭も増えました。
このような方は防災グッズと非常食をパントリーに収納しています。
また、パントリーにワインセラーを設置する方もいます。
食品をストックできることがパントリーの魅力です。

キッチン廻りの整理整頓ができる

パントリーを検討される方は、
キッチンに物が溢れ返っているという悩みを抱えていることが多いもの。
どこに何を片付けたかが分からなくなり、家事効率が悪くなってしまうのです。
キッチン廻りに物が溢れ返っている方は、収納の役割を担うパントリーを設置することで、
整理整頓ができ家事効率化がはかれます。

ストック食品が探しやすい

キッチンに物が溢れていると、どこに何を片付けたか把握がしづらくなるとお伝えしました。
このような悩みを抱えている方は、同じ物を購入してしまうなど、無駄が生じてしまいます。

しかし、パントリーを設置すれば、ストック食品が一目で把握できます

パントリーのデメリット

次にパントリーを設置するデメリットについて解説します。

注文住宅の建築費用が高くなる

パントリーを採用すると建築費用が高くなります
扉の有無や棚の数、スペースの広さでも変動しますが、
一般的な広さのパントリーを設置した場合、
コストとして約15~30万円程度かかると考えるとよいでしょう。
結果として、パントリーを設置することで建築費用が上がる傾向にあります。

スペースが必要になる

パントリー設置に必要なスペースは1~2畳程度です。
注文住宅でパントリーを設置すると、当然ではありますが、
新たにスペースを追加するのでなければ、
1~2畳分のスペースをパントリー用に割かなければなりません。
リビングやダイニングなど、その他のスペースを広くしたいといったケースでは、
パントリーの設置は向かないかもしれません。

間取りに気をつける

パントリー設置する場合は、間取りや形状に気をつけなければいけません。
形状として小部屋タイプ壁面収納タイプがあります。

小部屋タイプは生活感が出にくくなりますが、
1~3畳程度のスペースが必要になります。
その一方で、壁面収納タイプ省スペースで設置でき、かつ家事が効率化できますが、
キレイに収納しなければ生活感が出てしまいます

どちらにもメリット・デメリットがあるため、家全体の設計を考えながら、
どちらにするか検討するとよいでしょう。

パントリーを設置する際のポイント

次に、パントリーを設置する際のポイントについて解説します。

暮らしに必要なものかを考える

パントリーは必ず設置しなければいけないものではありません。
家庭によっては、パントリーが不要なところもあります。
そこで、家庭の食品の量を確認してみましょう。

注文住宅を建てる前にキッチンに片付けているものを一覧表にして、
食品の保存量を確認してみてください。
キッチン収納で足りるかどうかを確認し、検討することで、
パントリーが必要か不要かを判断しやすくなるでしょう。

家事動線を考慮してパントリーを設置する

パントリーは冷蔵庫との位置関係が重要です。
要冷蔵の食品冷蔵庫へ、
冷蔵不要の食品パントリーへ収納することでキッチン廻りをスッキリさせられます。

また、買い物から帰ってきた際に、すぐに食品を収納できると便利です。

そのため、玄関からキッチンまでの動線上にパントリーを設置するなどすると、
利便性を向上できるでしょう。

建築士にアドバイスをもらう

パントリーを設置する際は、家事動線を考えたり、
小部屋タイプ壁面収納タイプか考えたりする必要があります。
また、小部屋タイプを設置する際には、扉を付けるかを考える必要もあります。

家全体の設計や家事導線、また施主のライフスタイルに対して、
具体的にどんなパントリーが適しているかは、すぐには判断できないものです。

そうしたときは、何棟も家を設計してきた、
家づくりのプロである設計士アドバイスを貰いながら進めていくとよいでしょう。

まとめ

今回は注文住宅を建てる方から注目されているパントリーについて解説しました。
パントリーを設けると家事が楽になるメリットがありますが、
必ず設置するべきものではありません。

「本当に必要か?」「どのようなパントリーがよいか?」を考えてみてください。

ライフスタイルを伝えて提案してもらうことで満足度の高い家づくりができるはずです。

いえとち相談窓口は皆様の理想の住まいの実現を応援しています!
マイホームを実現するにあたり、こんなお悩みはございませんか?

➤予算に合うハウスメーカーがわからない…
➤住宅ローンについても相談したい!
➤注文住宅を建てたいけれど、何から始めればいい?

などなど…

姫路市・たつの市・高砂市でマイホーム・注文住宅を建てるなら、
いえとち相談窓口にご相談ください!

相談・利用料無料です ♪

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから