注文住宅で採用したいおしゃれで使いやすい洗面所づくり

家づくり2022.07.22

登録住宅会社50社以上!
姫路市・たつの市・高砂市エリアで、
マイホーム・住宅会社探しを徹底サポートする、いえとち相談窓口です!

・・

注文住宅は、家の細部にわたってこだわれる点が大きな魅力です。
「洗面所をおしゃれにしたい」と、
照明や色づかい、洗面ボウルのデザインなどをこだわって選んでみたものの
「思ったより使いにくい」と思ってしまうケースもあるようです。
そもそも洗面所にはどのような役割があるのかを解説するとともに、
おしゃれな洗面所にするためのポイントを5つご紹介します。

洗面所の役割は洗面・脱衣・洗濯の3つ

洗面所の役割は、主に洗面・脱衣・洗濯の3つです。
まずは、その3つの役割を確認しましょう。

1. 洗面

洗面といっても、顔を洗うだけではなく、
手を洗う、歯を磨く、髪の手入れをする、化粧をする、ひげを剃るなど、
さまざまな行為が含まれます。
そのために必要な用具の収納場所や、作業スペースを十分に検討する必要があります。

2. 脱衣

洗面所は浴室に隣接してつくられることがほとんどです。
そのため、服を脱いだり着たりする脱衣所の役割も持ちます。
スムーズに服を脱ぎ着するためには、ある程度のスペースが必要です。
また、着替えやタオル類を収納することも考えなくてはなりません。

3. 洗濯

洗面所には、通常、洗濯機を置くスペースが設けられます。
水回りを1ヵ所に集めるとコストを抑えられることが、その理由のひとつです。
また、入浴前に脱いだ服を、そのまま洗濯機に入れられるため、
洗濯の手間を減らせるというメリットも生まれます。
さらに、汚れのひどい洗濯物を下洗いする際に、洗濯機の近くに洗面台があれば便利です。

おしゃれで使いやすい洗面所づくりの5つのポイント

ここでは、注文住宅ならではのおしゃれな洗面所をつくる5つのポイントをご紹介します。

1. 洗面ボウルを2つ設置する

家族の人数が多い場合、忙しい朝は洗面台の取り合いとなることも少なくありません。
対策として、洗面ボウルを2つ設置することをおすすめします。
2人並んで洗顔や身支度をできるよう、ある程度のスペースを空けて洗面ボウルを設置すれば、
2人が洗顔している後ろでほかの家族が髪を整えることもできるでしょう。

2. 収納を重視

洗面所ではさまざまなものを使用します。
洗面台周辺では、洗顔用品や歯ブラシ、コップ、ヘアブラシ、ドライヤー、ハンドソープなど、
こまごましたものが多く集まります。
また、入浴時に必要なタオルや、シャンプーなどの買い置きを収納する場所も
考えなくてはなりません。


さらに、洗濯に使う洗剤やハンガーなども洗面所に収納しておくと、
家事の動線がスムーズになります。
すっきりとしたおしゃれな洗面所にするためには、これらの収納場所を確保しましょう。
同じ洗面所内でも、洗面・脱衣・洗濯それぞれに場所が決まっているはずなので、
それぞれに使う用具の収納場所は、その周辺に設置するのがベストでしょう。
たとえば、洗面台周辺で使う用具は鏡の裏や両サイド、洗面台下などがおすすめです。


脱衣時に必要なものはお風呂場の周辺に、
洗濯に使うものは洗濯機まわりに収納場所を設置して収納しましょう。
例えば、洗濯機の上にスペースが空くことが多いので、造作棚を作っておくなどすると便利です。


自分や家族のライフスタイルに合わせて、
スムーズに用具を出し入れできるような収納を考えてください。

3. 扉は引き戸がおすすめ

洗面所の扉については深く考えないことも多いかもしれませんが、おすすめは「引き戸」です。
玄関ドアのような「開き戸」や、クローゼットの扉のような「折れ戸」の場合は、
扉を開けたときのスペースを考慮しなければならないため、空間を有効活用しにくいからです。


さらに、引き戸であれば、簡単に開けっ放しにしておけるため、
通気性を確保しやすいというメリットもあります。
ただし、引き戸を設置するには横方向に扉2枚分のスペースが必要になる点に注意が必要です。


なお、どうしても開き戸にしなければならない場合は、
中にいる人や置いてあるものに当たらないよう、外開きにすることをおすすめします。

4. 脱衣スペースに仕切りをつける

お風呂から上がろうとしたときにほかの家族が洗面台を使用していると、
上がりづらい場合があります。
それを避けるために、脱衣スペースに仕切りを設置し、独立した空間にするのもおすすめです。
アコーディオンカーテンやロールスクリーンなどで必要なときにだけ仕切れるようにする方法や、
洗面台との間に収納棚を設置して仕切り代わりにする方法などがあります。

5. 洗面所とは別の洗面スペースを確保する

朝の身支度時の混雑を避けたい、脱衣所と洗面台を同時使用しにくいという場合、
洗面所とは別の場所に洗面スペースを設けるという方法もあります。
洗面台のみのスペースがあれば十分なので、
たとえば玄関付近や2階のトイレの隣などに容易に設置できます。
家族の人数が多い方や、来客が多い方におすすめです。

【まとめ】注文住宅だからこそ使いやすさにこだわった
おしゃれな洗面所をつくりましょう

注文住宅の間取りを考える際、キッチンやリビング、個室などにくらべ、
洗面所はどうしても後回しになりがちです。
しかし、家族全員が毎日使う場所であるからこそ、使い勝手を最優先に考えたい場所です。
洗面ボウルや蛇口など、細かな部分にもおしゃれにこだわることのできる注文住宅だからこそ、
使いやすさにもとことんこだわって使いやすい洗面所をつくりましょう。

・・

マイホームを実現するにあたり、こんなお悩みはございませんか?

➤予算に合うハウスメーカーがわからない…
➤住宅ローンについても相談したい!
➤注文住宅を建てたいけれど、何から始めればいい?

などなど…

姫路市・たつの市・高砂市でマイホーム・注文住宅を建てるなら、
いえとち相談窓口にご相談ください!

相談・利用料無料です ♪