注文住宅を建てるなら平屋?!メリットデメリットを解説します

家づくり2022.05.22

注文住宅を建てるなら平屋?!メリットデメリットを解説します

提携住宅会社50社以上!
姫路市・たつの市・高砂市エリア で、
マイホーム・住宅会社探しを徹底サポートする、いえとち相談窓口です!

注文住宅を建てようと思った際に、多くの方が憧れるであろう『平屋』の住まい
弊社でも多くのお客様が平屋のお家をご希望され、建てられています。
今回は姫路で平屋を建てる際のポイントについて解説していきます。

なぜ平屋の住宅が人気なのか?

そもそもなぜ平屋のお家が人気なのでしょうか?
実際にご相談いただいたお客様や建てられたお客様からの声をいくつかご紹介していきます。

階段の上り下りが無く、長く暮らしていく上でも安心

ほとんどの方からいただくお声です。
ローンを組んで何十年も暮らしていく新築のお家なので、建てたときだけでなく将来を見据えて計画を立てるお客様が、注文住宅の場合は特に多く見受けられます。
極力段差を無くすことで、高齢者の方や、そうでない方も将来高齢になったときに、体力面だけでなくつまずくことによる怪我の防止にも繋がります。

ワンフロアなので家族の気配を感じられる

お子様がいる家庭ではこういったお声もよくいただきます。
2階建ての住宅はほとんどの場合、子ども部屋は2階に配置されます。
リビングで過ごしているとどうしても目の届かない距離になってしまいます。
それぞれのご家庭によって教育方針は様々ありますが、お家づくりを家族との生活を中心に考えられている方は多いようです。

掃除がラクにできる

こちらもよくお声をいただく内容です。
煩わしい階段部分の掃除が必要ありませんし、外で布団を干したいときも手軽に干すことができます。
また、面積の関係などで1階に収納が取れず、2階に掃除道具をしまっていて毎回取りに上がらなければいけない、とったこともありません。

平屋の住宅を建てるメリット・デメリット

メリットデメリット

ここまでは平屋の住宅の人気が高い訳を簡単にご説明しました。
ここからは2階建ての住宅との比較を含めたメリット・デメリットをご紹介していきます。

平屋のメリット

  • 天井を高くすることができ、開放感ある空間を作ることができる

2階がないので、『勾配天井』という屋根の傾斜に合わせた高い天井を作りやすくなっています。
勾配天井は、リビングに取り入れられることが多いです。
仮に2階建ての住宅で勾配天井を採用しようとすると、上階に部屋を作らない設計にするか、2階にリビングを配置するしかありません。
平屋の場合はそういった制約があまりなく、手軽に勾配天井を作れることが大きなメリットとなります。

  • お家のメンテナンスがラクにできる

高さがない平屋のお家は、外壁などのメンテナンスの際、足場にかかる費用を抑えることもできます。
そのほかにもちょっとした補修修繕も、2階建てのお家と比べてラクに、安全に行えます。

  • 地震に強い家になる

2階建てのお家と比べて重心が低くなるので、地震の際にも揺れにくくなります。
そして2階の荷重がかからず、屋根の荷重も分散されるので地震に強い家になるのです。
なお、最近は2階建てのお家もしっかりと計算されて建てられており、2階建てでも安心して住めることが多いので、安心してください。

  • 長い目で見て、部屋を有効に使うことができる

前述したように、2階建ての場合は2階に子ども部屋を設けることが多いです。
もし将来お子様が家を出られた際に、2階にある部屋はあまり使われなくなってしまいます。
子ども部屋が1階にあれば、物置個別の部屋として利用しやすいので、将来的にも有効活用ができます。

  • 太陽光発電に有利

屋根の面積が大きくなるため、2階建てに比べて大容量の太陽光パネルを設置することができます。
また、外壁と同様、太陽光のメンテナンスを比較的容易に行うことができる点もメリットとなるでしょう。

平屋のデメリット

  • 建築価格が割高

2階建てと比較して基礎のコンクリートと屋根の面積が大きくなるため、その分材料費がかかり価格が坪数に対して割高になります。
ただし同じ数、大きさの部屋を作ったとしても階段部分の面積が不要になり坪数を抑えられるため、プラン次第では建築価格は大きく変わらないこともあります。

  • 広い土地がないと建てられない

建築価格に関してはプラン次第では大きく変わらないとご説明させていただきましたが、土地の広さはもちろんそうではありません。
平屋を建てられるだけの広さの土地を用意する必要があります。
このため、結果的に総予算としては平屋の方が高くなる傾向にあります。
また、建ぺい率による面積制限もあるため、土地に目一杯平屋を建てるということも難しいです。
姫路で平屋を建てる場合は駐車スペースも数台確保しなければならないため、3LDK〜4LDKの平屋を建築する際も最低70坪〜は欲しいところです。

  • 水害のリスクがある地域には向かない

近年、豪雨災害が多発しておりますし、海沿いの住宅地も多くあり津波の心配も0とは言えません。
海や川が近いエリアや、周辺と比べて土地が低い場所に平屋を建てる際には気をつけましょう。
上階には逃げられないので、どうしてもそのようなエリアで平屋を建てたい時は、別途費用はかかりますが土地の高さを高くするか、基礎を高くするなどの工夫も視野に入れることをおすすめします。

  • デザインを考慮する必要がある

これは平屋を検討している方からよくいただくお話ですが「シンプルに作ってしまうと公民館や施設のような見た目になってしまいデザイン性に欠ける」という内容です。
シンプルが好きな方は良いのですが見る人によってはそういった印象を受けてしまう場合もありますので注意しましょう。

おすすめの間取りの作り方

ここまで、平屋のメリット、デメリットをお伝えさせていただきました。
では実際にどういう間取りにすれば良いのか?おすすめの間取りの作り方について少しだけご紹介します。

廊下を作る設計、作らない設計

基本的には廊下は極力作らずコンパクトに抑えるプランニングが多いです。
LDKから直接それぞれの居室に繋げれば、廊下は不要ですし家族の気配を感じられます。
その一方で敢えて廊下を作りそれぞれのプライバシーを保つこともできます。
せっかく廊下を作るのであれば、プラスワンで壁を本棚などの収納にしてみても良いかもしれませんね。

それぞれの部屋から繋がる幅広ウッドデッキ

東西に長い平屋を建てる際は、南側に居室を配置して外部にウッドデッキを設けるのもおすすめです。
縁側のように使え、内と外をシームレスに繋げられます。

まとめ

平屋を検討されている方に、平屋のメリット・デメリットや計画する際のポイントをお伝えさせていただきました。
平屋2階建てを比較したとき、平屋を気に入られる方は多いですが、費用面や面積の多い土地の準備などクリアする必要があります。

本記事の内容を、平屋にするか、2階建てにするかの参考になさっていただけると幸いです。

いえとち相談窓口は皆様の理想の住まいの実現を応援しています!
マイホームを実現するにあたり、こんなお悩みはございませんか?

➤予算に合うハウスメーカーがわからない…
➤住宅ローンについても相談したい!
➤注文住宅を建てたいけれど、何から始めればいい?

などなど…

姫路市・たつの市・高砂市でマイホーム・注文住宅を建てるなら、
いえとち相談窓口にご相談ください!

相談・利用料無料です ♪

>>お問合せ・ご来店予約はコチラから